赤城の備忘録。

どうでもいいこと

ヒュムノス・第二紀成語

 

基本的な文法定義

  1. 想音。Em と表す。
  2. 主語。S と表す。
  3. 動詞。V と表す。
  4. 名詞。N と表す。
  5. 形容詞。Adj と表す。
  6. 副詞。Adv. と表す。

単語律

それぞれの単語には、「律」という属性が定まっている。
律とは、その単語がどこに由来するものか示すものである。ここでは由来については説明しない。

律は以下の6種類がある。

  1. 中央正純律(共通語)
  2. クルトシエール律(Ⅰ紀前古代語)
  3. 古メタファルス律(Ⅰ紀神聖語)
  4. クラスタ律(クラスタ地方語)
  5. アルファ律(オリジンスペル:XXX属)
  6. 新約パスタリエ(パスタリア成語)

第一紀成語では、1-3と4-6は詩サーバなどによっては使用の可否が別れたが、第二紀成語では全て共存可能である。

基本的な文

Em1 - Em2 - Em3 文...

Em1 は第一想音。感情の程度を表す。

Em2 は第二想音。具体的な感情を表す。

Em3 は第三想音。将来的にどうなりたいかを表す。

想音

第二紀成語(ヒュムノス)において、感情を表すものである。

文の先頭につける想音(第一~第三想音)、単語につける想音があるがここでは前者について示す。

第一想音
 想音   単語律   意味 
 Rrha 中央正純律 トランス状態
 Was 中央正純律 強烈に
 Wee 中央正純律 とても強く
 Fei 中央正純律 力を込めて
 Ma 中央正純律 平常心
 Fou 中央正純律 少し
 Nil 中央正純律 弱く
 Nn 中央正純律 無 
第二想音
 想音  単語律  意味
 apea   クルトシエール律  幸せでぽわー
 granme  中央正純律  勇気・守護の気持ち
 guwo  中央正純律  怒り
 i  中央正純律  焦り
 jyel  中央正純律  寂しさ
 ki  中央正純律  真面目・本気
 num  中央正純律  無
 nyasri  クルトシエール律   哀しみ
 paks  中央正純律  ココロどきどき
 quel  中央正純律  必死に
 touwaka  中央正純律  希望を持って
 waa  古メタファルス律  嬉しい
 wol  中央正純律  熱血
 yant  中央正純律  混乱
 yea  中央正純律  嬉しい
 zweie  中央正純律  真摯に
 zaag  中央正純律   傲慢・尊大な
 tajac  クルトシエール律   人生を賭けてでも
 jaq  クルトシエール律   無知・とんちんかん
 gzal  中央正純律  絶望
 stia  古メタファルス律  冷静に
 axin  中央正純律  どうでもいい・ふざけて
 au  アルファ律  悲しい
第三想音
想音  単語律  意味
 ra  中央正純律  このままでいたい
 erra  中央正純律  永遠にこのままでいたい
 ga  中央正純律  この状態から脱したい
 gaya  中央正純律  二度とこうなりたくない
 gagis  古メタファルス律  自分はどうなってもいい
 wa  中央正純律  この状態を受け入れる