赤城の備忘録。

どうでもいいこと

EXEC_FURY/.

Was guwo ra rre faura here.
此処に立つ鳥よ。

Was guwo ga yora knawa yor wis titilia, van so titilia.
汝は未だ塵にも満たぬ、些々たる存在ということを知れ。

Was guwo ga rre walasye whou syast sos syunaht titilia.
しがない存在であることを無くそうと、群を成す人々よ。

Was guwo gaya yorra knawa sor wis na exec futare.
それは意味を成さない。ただ事実を受け入れよ。

Wee ki ga knawa rre omnis tes chyet omnis oz didalia.
私は、全ての存在がいずれ淘汰され、強き存在のみが残ることを知っている。

Wee ki ga cest en cyurio anw ar dor.
それこそ真実であり、そしてこの土地の理である。

Rrha guwo gaya whai yorra na unloee sor, cenjue cest, senjue discest?
何故君らは諦めずに真実を変えようと努力を続けるのか?

Was zweie wa irs weak en sheak, wis cyurio.
月と太陽が存在するのは当然のことだ。

Was guwo ga whai na unloee dor rol sor?
何故、世界の理に従わない?

Was num wa titilia wart chs didalia wart?
幽き言葉が権勢を張る存在になるとでも?

Fou paks wa yorra re dhezeall der coall.
君たちは一つの塊に集えば強大な力となる、という幻を見ているだけだ。

Faura sonwe revm yehar sos bexm yehah.
小鳥は謳う。幸せが来る刻の為に、夢を現実にさせようと。

Faura sonwe ee der pauwee.
小鳥は謳う。集った人々の力を行使して。

Faura na sonwe sos sor na knawa revm cexm revm.
小鳥は謳わなくなった。幻は所詮幻という事実を知らなかったから。

Faura na sonwe ee der pauwee.
小鳥は謳わなくなった。力なき力からは、何も生み出されない。

Rrha ki ga forgandal sor en yorra knawa.
故に、君達は知れ。

Rrha num wa titilia na chs didalia.
小さき存在がそれ以上になることはない。

Rrha num wa cest chs cest.
世の歯車も真実も、夢物語で変わることはない。